広告の迷走―企業価値を高める広告クリエイティブを求めて

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 250p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784883350513
  • NDC分類 674
  • Cコード C2063

目次

第1章 「商品を売るのが広告」という偏見と誤解
第2章 「企業イメージ」という考え方の曖昧さ
第3章 「商品に差はない」という広告の思い上がり
第4章 テレビCMの「有名タレント依存症」
第5章 「農耕民族」の座に安住した新聞広告
第6章 新しい新聞広告の登場がおそすぎた
第7章 ブランドについての問題意識がなかった
第8章 広告新時代の全貌が見えていない

著者等紹介

梶祐輔[カジユウスケ]
大阪府生まれ。早稲田大学文学部仏文科卒業。株式会社電通を経て、1960年日本デザインセンター創立に参加。コピーライターとして、アサヒビール、野村証券、トヨタ自動車など各社の広告づくりを担当。また、国鉄民営化に伴うJRマーク、新しいトヨタマークのデザインなど、CIディレクションも手がける。現在、日本デザインセンター最高顧問。東京コピーライターズクラブ会員、東京アートディレクターズクラブ会員、日本広告学会監事、朝日広告賞審査員、毎日広告デザイン賞評議員、日経広告賞審査委員
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。