徹夜の塊 亡命文学論

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 350p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784878934476
  • NDC分類 980.2
  • Cコード C0098

内容説明

本書は、主としてロシア東欧の亡命作家をめぐって筆者がこの十数年にわたって書いてきた文章をまとめて再構成したものである。

目次

1 亡命の詩学(流謫の言語―亡命文学の栄光と悲惨;移民たちの天国と地獄;詩となってロシアに帰る―亡命ロシア小詩集 ほか)
2 越境のさまざまな形(バナナとレモンとシンガポールで―ヴェルチンスキーの伝説;亡命ロシア文化最後の花―ニーナ・ベルベーロワ;さまよえるロシア人―バレエ・リュス ほか)
3 境界をめぐって―越え行くものと回帰するもの(二つのマニフェスト;とどまる力と越えて行く流れ―ポスト共産主義時代の民族、亡命、そして文学;ロシア文学における「主流」と「非主流」―文学史の新たな「組み替え」を目指して ほか)

著者等紹介

沼野充義[ヌマノミツヨシ]
1954年東京生まれ。東京大学大学院博士課程単位取得退学、ハーヴァード大学スラヴ文学修士。東京大学大学院人文社会系研究科・文学部助教授
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

ロシア・東欧文学を中心に、20世紀亡命文学の系譜と、亡命作家たちの肖像などを紹介しつつ、亡命文学の豊かな可能性を論じた、日本で初めての亡命文学論集。