海上の森奇譚―愛知万博開催地に秘められた歴史の真実

個数:

海上の森奇譚―愛知万博開催地に秘められた歴史の真実

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ B6判/ページ数 99p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784875655367
  • NDC分類 215.5

内容説明

本来、新時代の訪れる契機として神界から用意されているはずの愛知万博。しかし、隠されたままの「海上の森」の歴史を知り意識を変えなければ、当初の目的を達成するどころか、恐ろしい結末さえ待っている―。著者が超常現象を通じて感知している「迫りつつある危機」の本質とは何か。

目次

第1章 素晴らしい万博の成功を祈って
第2章 ここは神々の聖地
第3章 祟り
第4章 神鏡
第5章 苦難への扉
第6章 九本の矢の糸仕組み
第7章 加治田甚五郎の墓
第8章 海上奇譚

著者紹介

山田みち江[ヤマダミチエ]
昭和22年瀬戸市生まれ。昭和55年陶芸家として独立。昭和61年神界からのメッセージにより日本古代の歴史研究を始める。平成6年陶芸個展を東京三越にて開く。平成14年15年間の歴史をまとめ、陶龍寺にて紙芝居を始める(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)