データに基づく日本語のモダリティ研究

個数:

データに基づく日本語のモダリティ研究

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2022年01月26日 01時09分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 228p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784874248287
  • NDC分類 815
  • Cコード C3081

目次

第1部 コーパスに基づく日本語のモダリティ研究(日常会話コーパスを活用した丁寧さ・対人モダリティの生起要因とその実態の解明;書き言葉コーパスに見られる「てもいい」の用法―頻度とコロケーションを考慮した文法記述;諸方言コーパスに見るモダリティ形式のバリエーション―推量表現の地域差;通時コーパスに見るモダリティ形式の変遷;学習者コーパスを活用したモダリティ研究―日本語学習者の「かなと思う」の発達;『現代日本語書き言葉均衡コーパス』に対するモダリティアノテーションとその分析)
第2部 多角的な視点から見た日本語のモダリティ研究(モダリティとイントネーション;条件付き命令・依頼文―日本語条件文のモダリティ制約再考;名詞修飾表現から見たモダリティ;主題・とりたて表現とモダリティの呼応―日本語とスペイン語の対照研究;脳科学から見たモダリティ―コーパスと事象関連電位計測から見た証拠性とモダリティの意味的差異)

著者等紹介

田窪行則[タクボユキノリ]
京都大学大学院文学研究科博士後期課程単位取得退学(1980年)。博士(文学)。現在、国立国語研究所所長

野田尚史[ノダヒサシ]
大阪外国語大学大学院外国語学研究科修士課程修了(1981年)。博士(言語学)。現在、国立国語研究所日本語教育研究領域教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。