聖書を伝える極意―説教はこうして語られる

個数:

聖書を伝える極意―説教はこうして語られる

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2019年10月14日 18時24分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 197p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784873956954
  • NDC分類 194
  • Cコード C0016

内容説明

聖書の言葉を語りたい!13人の説教者。日本基督教団、ホーリネス、聖公会、カトリック、ルーテル、改革派、単立教会…教派を越え、情熱と愛に満ちた説教者たちのインタビューを収録!

目次

説教のために召されて生きる―加藤常昭(日本基督教団)
「周辺」に生きる豊かさ―深田未来生(日本基督教団)
「笑い」による真剣勝負―上林順一郎(日本基督教団)
説教はジャズである―小島誠志(日本基督教団)
教会、夫、自分との戦い―辻哲子(日本基督教団)
聖書の論理で考える―榊原康夫(日本キリスト改革派教会)
必要なものは与えられる―吉村和雄(単立教会)
「牧師でないお父さんなんて嫌」―小林和夫(日本ホーリネス教団)
混乱と破れのただ中で―徳善義和(日本福音ルーテル教会)
伝わらない現実の中で―加藤博道(日本聖公会)
言いたいことを絞る―岩島忠彦(日本のカトリック教会)
聖書のパラダイム踏まえて―雨宮慧(日本のカトリック教会)
死ぬべきところを生かされて―渡辺信夫(日本キリスト教会)

著者等紹介

平野克己[ヒラノカツキ]
1962年、東京都生まれ。国際基督教大学卒業。東京神学大学大学院修士課程修了。現在、日本基督教団代田教会牧師。説教塾全国委員長、季刊誌『Ministry(ミニストリー)』編集主幹(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。