九大アジア叢書
モノから見た海域アジア史―モンゴル~宋元時代のアジアと日本の交流

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B40判/ページ数 198p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784873789668
  • NDC分類 220

内容説明

船の碇石、輸出木材、陶磁器、銀、銅銭…。ユーラシアと日本の、海域を通じた交流をさまざまな「モノ」の移動から読み解く。

目次

第1章 海域アジアの碇石航路誌―石材から見た海域アジア交流
第2章 「板渡の墨蹟」と日宋貿易―木材から見た海域アジア交流
第3章 海域アジアの貿易陶磁とコンテナ陶磁―陶磁器から見た海域アジア交流(1)
第4章 アジアの海を渡った龍泉青磁―陶磁器から見た海域アジア交流(2)
第5章 銀と銅銭のアジア海道―貴金属から見た海域アジア交流
第6章 対談・モノから見た海域アジア交流と日本

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

笛吹岬

2
碇石に視点を向けた論攷がおもしろい。2010/03/14

ヨシツネ

0
込み入っていたので分からなかった2018/01/07

domo

0
モノの移動、改めて考えると昔からダイナミックなモノの移動が語られ、驚かされる。2015/12/15

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/25762

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。