うおつか流台所リハビリ術―脳をみるみる活性化させる生活改善講座

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 171p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784870316690
  • NDC分類 596
  • Cコード C0095

内容説明

一食作って、100分長生き!?ボケとうなくば、料理が一番!ベストセラー『うおつか流台所リストラ術』から、早12年。気がつけば50歳まであとわずかとなったわれらが仁ちゃんが、今度は脳の活性化と老化予防の観点から台所仕事を見直しました。

目次

第1章 台所リハビリ宣言!―「リストラ」から「リハビリ」へ(不安は金よりボケ・病気;ボケる人とボケない人 ほか)
第2章 台所リハビリ術の効能書―脳を活性化させる7つの力(思い出し力;想像力 ほか)
第3章 観察リハビリ大作戦―プロから盗む台所の技術(うなぎの蒲焼き初体験;牛筋の煮込み方のコツは浅草で盗む ほか)
第4章 台所リハビリ術 実践編―超常識的料理列伝(ごはんと指先のお友達「だしっ」;鰻いらずの「穴子のひつまぶし」 ほか)

著者等紹介

魚柄仁之助[ウオツカジンノスケ]
1956年福岡県の大正7年創業の古典料理屋に生まれる。宇都宮大学農学部に入学するも7年で中退。25歳で古物商許可証を取り、中古バイク屋を始める。その後、東京は目黒で古道具・楽器店「MARX」、古道具店「隠れ家」を経営。その一方で1977年頃より、より健康的で美味しく、そして楽しく、しかも経済的な食生活を実践し始める。その成果は1993年に『うおつか流台所リストラ術』(農山漁村文化協会、講談社+α文庫)としてまとめられ、「食生活の構造改革」という独自の視点とその食哲学、そしてユニークな語り口で話題となりベストセラーとなる
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。