東日本大震災を生き抜く―岩手県釜石発被災者の日記

個数:

東日本大震災を生き抜く―岩手県釜石発被災者の日記

  • ウェブストア用在庫がございますが僅少です
    (※複数冊ご注文はお受けできません)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■通常ご注文日の翌々日~4日後に出荷

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ B6判/ページ数 125p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784864470087
  • NDC分類 369.31
  • Cコード C2075

目次

3月11日(金)東日本大震災発生当日(3・11大津波ドキュメント)
3月12日(土)東日本大震災・2日目
3月13日(日)~3月26日(土)の日記(がんばれ、日本。がんばれ、東北。THE INDEPENDENT Sunday,13 March;定点観測1 自宅近くのメイン通り(3月12~22日)
定点観測2 自宅近くの裏通り(3月14~27日))
4月の日記(The New York Times Opinion Page March 11,2011;スナックのママたちの絆)
5月の日記(ボランティアという名の神さまたち)
写真グラフ・東日本大震災を生き抜く

著者紹介

鈴子陽一[スズコヨウイチ]
1950年生まれ。国学院久我山高校、日本大学生産工学部卒。大学卒業後、住宅メーカー(ミサワホーム)に入社するが、31歳のとき一度会社を辞め、バックパッカーとして当時のソ連を振り出しにヨーロッパ、アフリカ、アメリカをほっつき歩く。帰国後は名古屋のミサワホームに再入社し、そこで長良川(岐阜県)をはじめとする中部地方のアユ釣りに夢中になり、ダイワ精工(現・グローブライド株式会社)のアユ釣りトップテスターとして活躍する(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)