静山社文庫<br> いい人生をつくる世界のことば―モヤモヤしていた昨日が、なんだか元気な今日に変わる!

個数:

静山社文庫
いい人生をつくる世界のことば―モヤモヤしていた昨日が、なんだか元気な今日に変わる!

  • 提携先に2冊在庫がございます。(2019年10月21日 11時45分現在)
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 221p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784863892149
  • NDC分類 388.8
  • Cコード C0195

内容説明

人生が思いどおりにいかないのは、いつの時代も世界共通。人々はピンチに遭遇するたびに“うまく生きるためのヒント”をことばにもとめ、それを言い伝えてきた。人生に悩んだとき、つまずいたとき、なんとなく元気が出ないときに読んでほしい、あなたの行く先を照らす、きら星のような格言の数々―。

目次

第1章 目線を変えて、バランス良く生きる(やさしい炎はパンを美味しくする。;料理は前菜、スープの順で手をつける。 ほか)
第2章 先入観を捨て、やわらかく考える(あなたに起きた悪いことは砂に書きとめ、良いことは大理石に書きとめなさい。;靴のサイズを忘れた男にはなるな。 ほか)
第3章 希望をもって、前向きに行動する(卵を割らなければオムレツは作れない。;ドリアンは食べてみなければわからない。 ほか)
第4章 ココロを磨き、人格を高める(燕雀、いずくんぞ鴻鵠の志を知らんや。;本当の雌鶏は卵を産んでから鳴く。 ほか)
第5章 相手を認め、良い人間関係をつくる(一枚の紙に神と悪魔。;高級キャビアよりも、ほめことばのほうが美味しい。 ほか)

著者等紹介

植西聰[ウエニシアキラ]
東京都出身。著述業。心理カウンセラー。学習院大学卒業後、資生堂に入社。独立後、「心理学」「東洋思想」「ニューソート」などに基づいた人生論の研究に従事。1986年、研究成果を体系化した「成心学」理論を確立、著述活動を開始する(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。