天球のラビリンス〈3〉自己回帰調和波と分数形式の加法合成原理

個数:

天球のラビリンス〈3〉自己回帰調和波と分数形式の加法合成原理

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2019年07月23日 09時58分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 288p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784863453302
  • NDC分類 414.12
  • Cコード C3041

内容説明

本書は「天球のラビリンス」シリーズの第3巻である。前半では傾射した円環波、球、楕円体、トーラスなどの表面波、さらには多様体内部の流動波やラセン波など循環する多くの自己回帰調和波が詳細に述べられている。後半では分数形式の加法合成原理とその応用、そして卵形体とサナギ形多様体、波状環トーラスなどの興味深い球体類を記し、また無限を確率に取り込んだ確率表現について述べる。新たな方法論による今までにない幾何学書となっている。

目次

第1編 基礎論
第2編 自己回帰調和波としての表面波
第3編 流動波とラセン波
第4編 分数形式の加法合成原理
第5編 特殊な多様体
第6編 球体類の確率表現

著者等紹介

佐俣満夫[サマタミツオ]
1949年川崎市に生れる。1971年東京理科大学理工学部工業化学科卒、1998年金沢大学、博士(工学)(地球環境科学)。1976~2013年退職。横浜市環境科学研究所(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。