Wide shinsho<br> 辛口・幸福論―生きるすべてを「真剣な遊び」に

個数:
  • ポイントキャンペーン

Wide shinsho
辛口・幸福論―生きるすべてを「真剣な遊び」に

  • 曽野 綾子【著】
  • 価格 ¥990(本体¥900)
  • 新講社(2014/06発売)
  • 【ウェブストア】お届け商品全点 ポイント2倍キャンペーン
  • ポイント 18pt
  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2020年04月08日 05時32分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B40判/ページ数 212p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784860815127
  • NDC分類 914.6
  • Cコード C0295

目次

1 「ヘソ曲がり」でごめんなさい(「極度にものぐさ」…の結果が;卑怯者が許されるかもしれない時 ほか)
2 「常識の嘘」に気づく効用(「几帳面」と「優しさ」は困りもの;困るのは「人情的でありすぎる人」 ほか)
3 「ヘソ曲がり」からの日本人への直言(人間は決して平等ではありえないという残酷な事実;私が言うことを「聞かされる方はたまったものではないが」 ほか)
4 このいかがわしき「良識」と「平等」(自分の得ているものを謙虚に冷静に評価する慎み;「人権」多くして「愛」なし ほか)
5 実におもしろかった、と言って死にたい(人は六十、七十を過ぎたら;人は「人のことも心配できる時、初めて一人前でいられる」 ほか)

著者等紹介

曽野綾子[ソノアヤコ]
1931年東京都生まれ。聖心女子大学文学部英文科卒業。1979年、ローマ法王庁によりヴァチカン有功十字勲章を受章。1993年、恩賜賞・日本藝術院賞、2003年、文化功労者となる。2012年、菊池寛賞などを受賞。1995年から2005年まで「日本財団」会長、1972年からNGO活動「海外邦人宣教者活動援助後援会」を始め、2012年同会代表を退任(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。