教室の外の「国語」雑話

個数:

教室の外の「国語」雑話

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 272p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784846013714
  • NDC分類 910.4
  • Cコード C0095

内容説明

高校の国語教師として数多くの文学作品に啓発されてきた著者が、吉本隆明、百人一首、論語、コミック『ヒカルの碁』等について蘊蓄を傾けながら、高校生の言語感覚にも言及する。

目次

第1部(吉本隆明と私;天皇の名前の話;「平清盛」と百人一首;百人一首の話;ノートの話;格言・ことわざ;「論語」の思想;ユダヤの格言の話;「変わったこと」と「変わらないこと」;「変わったこと」と「変わらないこと」続)
第2部(高校生の俳句・川柳;東北地方と百人一首;俵万智『サラダ記念日』と高校生の鑑賞文(評釈文)
『古今和歌集』の面白さ―構成・配列の妙)
第3部(「送り手」と「受け手」について―「表現」の問題;コミック・アニメ『ヒカルの碁』について;宮本輝「蛍川」の評価をめぐって;「おつるの涙」―「清光館哀史」授業後の生徒作品;『源氏物語』現代語訳の話―与謝野晶子、谷崎潤一郎、円地文子)

著者等紹介

半田勝良[ハンダカツヨシ]
1951年、静岡県沼津市生まれ。中央大学卒業。1974年、静岡県立高校教師となり、多くの高校で国語科教諭を務める。現在は藤枝北高校教諭及びSBS学苑特別講師(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。