「季刊フィルム」コレクション<br> 「芸術」の予言!!―60年代ラディカル・カルチュアの軌跡

個数:

「季刊フィルム」コレクション
「芸術」の予言!!―60年代ラディカル・カルチュアの軌跡

  • ウェブストア用在庫がございますが僅少です
    (※複数冊ご注文はお受けできません)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■通常ご注文日の翌々日~4日後に出荷

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 398p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784845909292
  • NDC分類 704
  • Cコード C0074

内容説明

マボロシの雑誌『季刊フィルム』『芸術倶楽部』一挙解凍。1968年10月~1972年12月に刊行された『季刊フィルム』(全13号+臨時増刊「アニメーション特集」号)、1973年7月~1974年6月の間に第9号まで刊行された『芸術倶楽部』(いずれもアートフィルム社発行)の2誌に掲載された記事をセレクトし、そのまま再録したもの。

目次

第1部 ラディカル60’sの海へ―整理されない全く混沌とした無限に多様な形式で芸術をとらえる(作品ノート 「書を捨てよ町へ出よう」;複々製に進路を取れ;複写の気持;鼎談 複写時代の仕事;インタヴュー “末期の目”でなく“記憶の目”;知覚における実験;座談会 未来と向きあっているもの(技術・思想・表現))
第2部 文化の乱反射のなかに身をおいて―自らの肉体をさらしながら開放された感覚で世界を反転させる(対談 南方との対話;隙間が気になる;対談 「儀式」の周辺;まったくのゆきあたりばったり;半世界―受け手の表現;アリアドーネの法則(半世界・表現カタログ集)
撮られ方の歴史(日本写真半面史))
第3部 芸術の果て、表現の彼方―芸術は残してきた故郷にヘソの緒でつながっている(シンポジウム 音楽の新しい方向「トランソニック・シンポジウム」;事物と記憶;座談会 言語と映像をめぐって;個人映画についての十二の断想;座談会 表現を廃棄しうるか?)