できる一太郎9活用編 Windows版

できる一太郎9活用編 Windows版

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B5判/ページ数 254p/高さ 24cm
  • 商品コード 9784844312451
  • NDC分類 336.57
  • Cコード C3055

内容説明

オールカラーの紙面でわかりやすく解説。レッスン単位でステップアップ学習できる。各レッスンごとに重要ポイントを掲載。まとめと練習問題で理解が深まる。関連知識をヒント形式で解説

目次

第1章 効率よく文書を装飾する
第2章 別の文書を活用する
第3章 別のアプリケーションと連携する
第4章 効率よく長文を作る
第5章 いろいろな方法で印刷する
第6章 ATOK12で快適に文章を入力する
第7章 一太郎を使いやすくする
第8章 もっと一太郎を使い込む

出版社内容情報

もっと一太郎9が使い込める!1歩進んだ使い方が満載!


効率よく装飾するテクニックから、ATOK12やマクロの使い
方まで、一太郎 9で美文書を作るためのコツが満載です。


目次

まえがき 3
本書の読み方 4

第1章 効率よく文書を装飾する 11
1 アンケートを作る <段落の装飾と配置> 12
2 文字飾りを設定してから入力するには <入力フォント・飾り> 14
3 行の間隔を広くするには <任意改行> 16
4 段落の配置を変えるには <自動インデント> 18
5 同じ文字飾りを繰り返し設定するには <フォント・飾りコピー> 20
6 見出し用のスタイルを設定するには <段落スタイルの設定と登録> 24
7 登録済みのスタイルを利用するには <文字・段落スタイルの切替> 28
8 囲み記事を作るには <枠と文字の配置> 30
9 枠に合わせて文字サイズを調整するには <レイアウト枠のスタイル> 34
10 文字と文字とを線でつなぐには <リーダ> 36
11 1ページだけ別の用紙サイズにするには <ページスタイル> 38
まとめ 40
練習 41
解答 42

第2章 別の文書を活用する 43
12 製品発表会の案内状を作る <文書資産の活用> 44
13 一括して別の単語に書き換えるには <置換> 46
14 目的のファイルを探すには <全ファイル検索> 48
15 別の文書からコピーするには <マルチドキュメント> 50
16 文字飾りを解除するには <フォント・飾り解除> 52
17 文書スタイルを流用するには <スタイル読込> 54
18 一括して文字飾りを付けるには <検索-選択> 56
19 別の文書ファイルを挿入するには <ファイルから貼り付け> 58
20 文字の幅を統一するには <全角・半角変換> 60
21 行を並べ替えるには <ソート> 62
まとめ 64
練習 65
解答 66

第3章 別のアプリケーションと連携する 67
22 製品カタログを作る <文字以外のデータの活用> 68
23 ロゴを作成するには <JSフォントエフェクトツール> 70
24 タイトルを装飾するには <グラデーション> 74
25 文書に画像を挿入するには <アプリケーションの連携> 78
26 画像を文章の背面へ移動するには <枠の上下変更> 82
27 花子9を利用するには <花子オブジェクト> 84
28 段落を自由に配置するには <レイアウト枠のリンク> 88
29 リンクしている枠に入力するには <リンク先への入力> 92
30 Excel 97の表を利用するには <罫線表> 94
31 角の丸い罫線を引くには <罫線表の面取り> 98
32 印刷前に印刷結果を確認するには <印刷プレビュー> 102
まとめ 104
練習 105
解答 106


第4章 効率よく長文を作る 107
33 製品マニュアルを作る <長文作成のポイント> 108
34 ページ番号を表示するには <ページ番号の設定> 110
35 通し番号を付けるには <連番> 112
36 見出しにレベルを付けるには <ランク> 116
37 章単位で移動するには <ランクの表示切替> 120
38 脚注を付けるには <脚注> 122
39 読み方を付記するには <ふりがな> 124
40 参照先のページを入力するには <ページ参照> 126
41 索引にする語句を指定するには <索引設定> 130
42 索引を作るには <索引作成> 132
43 目次を作るには <目次作成> 134
まとめ 138
練習 139
解答 140

第5章 いろいろな方法で印刷する 141
44 用紙の設定をするには <文書スタイル> 142
45 両面印刷をするには <奇数・偶数印刷> 144
46 指定のファイルを連続して印刷するには <JS連続印刷ツール> 146
47 文書に宛名を印刷するにはⅠ <住所録でのファイル読込> 148
48 文書に宛名を印刷するにはⅡ <差込印刷> 152
49 条件に合う宛名だけを印刷するにはⅠ <送受記録> 156
50 条件に合う宛名だけを印刷するにはⅡ <条件抽出> 158
51 タック用紙に印刷するには <宛名ラベル> 160
52 文書の一部を印刷するには <部分印刷> 164
まとめ 166
練習 167
解答 168

第6章 ATOK12で快適に文章を入力する 169
53 入力時にうしろの文章を表示するには <オンザスポット入力> 170
54 よく使う文章をすばやく入力するには <よく使う言葉> 172
55 変換候補にない単語を入力するには <1文字確定> 174
56 辞書を賢くするには <単語登録> 176
57 読めない漢字を入力するには <文字パレット> 178
58 変換候補に注釈を付けるには <単語コメント機能> 180
59 変換候補を増やすには <辞書設定> 184
60 辞書をメンテナンスするには <辞書ユーティリティ> 186
まとめ 188

第7章 一太郎を使いやすくする 189
61 編集画面を使いやすくするには <画面表示のカスタマイズ> 190
62 決まった操作を繰り返すには <マクロの記録と実行> 192
63 よく使う機能をアイコンで実行するには <ツールボックスのカスタマイズ> 196
64 メニューを使いやすくするには <メニューのカスタマイズ> 198
65 ショートカットキーで機能を実行するには <ショートカットキーのカスタマイズ> 200
66 よく使うファイルを簡単に開くには <クリップフォルダ> 202
まとめ 204

第8章 もっと一太郎を使い込む 205
67 手軽に文書を作るには <ドキュメントナビの利用> 206
68 文書のひな形を作るには <ドキュメントナビへ保存> 208
69 文書に注意文を付けるには <付箋> 212
70 ほかの人の文章を添削するには <添削> 214
71 添削結果を反映するには <添削の反映> 216
72 文章の要点だけを表示するには <文書要約> 218
73 文章を推敲するには <修太> 220
74 一太郎の文書をWordで使うには <他形式保存> 224
75 ほかの人に文書を読まれないようにするには <パスワードの設定> 226
76 数式を挿入するには <JS数式作成ツール> 228
77 キー操作だけで機能を実行するには <ESCメニュー> 232

付録1 必要な機能を追加するには 234
付録2 入力サンプル 236
付録3 ESCメニュー・ショートカットキー一覧 244
付録4 フォント一覧 247
索引 248