プータロー、アフリカで300億円、稼ぐ!―25歳無職の男が4年で年商300億

電子版価格 ¥1,047
  • 電書あり

プータロー、アフリカで300億円、稼ぐ!―25歳無職の男が4年で年商300億

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 223p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784838723751
  • NDC分類 289.1
  • Cコード C0095

内容説明

ひょんなことから日本を脱出、アフリカへ。幸運と仲間にも恵まれ、たった4年で、大陸を股にかけた41個のビジネスグループの総帥に。アフリカでだからこそできた、著者の逆転人生。

目次

1 授業料目当てで始めたアフリカン・ビジネス(夢も取り柄も見つからなかった少年時代;お金のかからない大学が、近くにあるじゃないか! ほか)
2 夢を求めて、タンザニアへ(留学生には、あまりにシビアな就職活動;最初のビジネス拠点、タンザニア ほか)
3 西部アフリカでのさらなる飛躍(アフリカ流のリスクヘッジ;いいことも悪いことも、一部の地域だけ ほか)
4 再び東へ(「無欲」が引き寄せた金の卵;本物の金の見分け方 ほか)

著者等紹介

石川直貴[イシカワナオキ]
1981年、沖縄県生まれ。タンザニア、ベナン、マダガスカルなどを拠点に、41のアフリカ企業の経営に携わる(2012年1月現在)。20代にして「年商300億円」を実現した。日本における「アフリカン・ビジネスの第一人者」のひとり(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

25歳で、アフリカでビジネスを起こし、4年で「年商300億円」を実現した青年のサクセスストーリー。

25歳で、アフリカでビジネスを起こし4年で「年商300億円」を実現した青年の話。
先行きのない日本経済。これからは中国でも東南アジアでもなく「アフリカ」進出だ!
大学時代、振込み前の授業料を元手に、アンゴラへの中古車輸出に携わった著者が、
卒業前に輸出業をやめて、夢であった地方公務員を目指すものの、
就職活動が思い通りに進まず挫折。
1年以上にわたり、「プータロー生活」を余儀なくされる。
無職のまま25歳を迎えたところで、本格的にアフリカン・ビジネスをスタート。
片道切符でタンザニアに渡る。一時は「残金4万円」にまで追い込まれるが、
現地の人や中国人華僑をビジネスパートナーに迎え、徐々に経営を軌道に乗せていく・・・・
夢のようなサクセスストーリー。

第1章 授業料目当てで始めたアフリカン・ビジネス
第2章 夢を求めて、タンザニア
第3章 西部アフリカでのさらなる飛躍
第4章 再び東へ

【著者紹介】
1981年、沖縄県生まれ。タンザニア、ベナン、マダガスカルなどを拠点に、
41のアフリカ企業の経営に携わる(2012年1月現在)。
20代にして「年商300億円」を実現した。
日本における「アフリカン・ビジネスの第一人者」のひとり。
現在はカジノ経営からカシューナッツの輸出まで、幅広くビジネスを手がける。
アフリカ進出を目指す大企業から、コンサルティングの依頼を受ける機会も多い。
「発展途上国でのビジネスのやり方」などのテーマで、講演活動も行っている。