新しいエネルギー社会への挑戦―原発との別れ

個数:

新しいエネルギー社会への挑戦―原発との別れ

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

    【ご案内】
    新型コロナウィルス感染拡大の影響により、出版社からのお取り寄せ品におきまして、在庫状況や納期の確認ができなかったり、入荷までに普段よりも日数がかかる場合がございます。恐れ入りますが、あらかじめご了解くださいますようお願い致します。


  • サイズ B6判/ページ数 174p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784832974173
  • NDC分類 501.6
  • Cコード C1036

内容説明

われわれは子どもたちに安心できる環境を残すために何ができるか?それは自然エネルギーによる社会形成は十分に可能であり、さらに経済活性化にもつながることを理解することである―。

目次

第1章 迫りくる地球崩壊の兆し
第2章 原子力発電の行方
第3章 旧来型資本主義の限界
第4章 幸福論と経済活性化法
第5章 自然エネルギーの可能性
第6章 自然エネルギーの貯蔵技術と水素社会
第7章 地域協調に基づいた有望な省エネルギー技術
第8章 日本のエネルギー政策とエネルギー先進国ドイツ
第9章 新時代に向けたエネルギー政策
第10章 豊かな社会を築くための教育

著者等紹介

近久武美[チカヒサタケミ]
1954年北海道石狩郡当別町に生まれる。北海道大学大学院工学研究科博士課程修了、工学博士(北海道大学)。1982年から北海道大学工学部機械工学科において講師、助教授、教授を経て、北海道大学大学院工学研究院エネルギー環境システム部門特任教授。研究分野:機械工学、熱工学、内燃機関、燃料電池(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

HAYASHI Tatsuhiko

2
タイトルのとおり、再生可能エネルギーを大幅に導入し、原発を廃止することを主張している。原発をテーマとする文章は、推進派も反対派も、冷静な筆にならないものがほとんどで、あたかも宗教論争に見えるものが多い中で、本書は、(その主張のすべてを肯定したいわけではないが)比較的ロジカルにかかれているとの印象。 2020/01/03

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/13571204

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。