新しいエネルギー社会への挑戦―原発との別れ

個数:

新しいエネルギー社会への挑戦―原発との別れ

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年08月01日 17時06分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 174p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784832974173
  • NDC分類 501.6
  • Cコード C1036

内容説明

われわれは子どもたちに安心できる環境を残すために何ができるか?それは自然エネルギーによる社会形成は十分に可能であり、さらに経済活性化にもつながることを理解することである―。

目次

第1章 迫りくる地球崩壊の兆し
第2章 原子力発電の行方
第3章 旧来型資本主義の限界
第4章 幸福論と経済活性化法
第5章 自然エネルギーの可能性
第6章 自然エネルギーの貯蔵技術と水素社会
第7章 地域協調に基づいた有望な省エネルギー技術
第8章 日本のエネルギー政策とエネルギー先進国ドイツ
第9章 新時代に向けたエネルギー政策
第10章 豊かな社会を築くための教育

著者等紹介

近久武美[チカヒサタケミ]
1954年北海道石狩郡当別町に生まれる。北海道大学大学院工学研究科博士課程修了、工学博士(北海道大学)。1982年から北海道大学工学部機械工学科において講師、助教授、教授を経て、北海道大学大学院工学研究院エネルギー環境システム部門特任教授。研究分野:機械工学、熱工学、内燃機関、燃料電池(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。