家で死にたい―家族と看とったガン患者の記録

家で死にたい―家族と看とったガン患者の記録

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 267p/高さ 20X14cm
  • 商品コード 9784832701335
  • NDC分類 598.4
  • Cコード C0077

内容説明

なぜ「家で」なのか。自らのガン体験から再出発した若き医師の真摯な報告。

目次

プロローグ 挨拶状
家族が支えた在宅ケア
病院での死
自ら幕引きをととのえた松倉さん
飄々と天国の扉を叩いた竹井さん
81歳の夫人が看とった山田さん
在宅でわがままを貫いた小山さん
在宅ケアの奥深さ
ターミナルケア
在宅での看とりがうまくいくには
患者としての経験
エピローグ 病院から在宅へ

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

貧家ピー

3
会員制組織・ライフケアシステムで著者が経験した在宅看取りの例。 1992年発行の本書、この時代から家族との看取りを行っていた組織があるのだなあ。2018/03/04

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/1490525

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。