米中の危険なゲームが始まった―赤い帝国中国崩壊の方程式

個数:
電子版価格 ¥1,512
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

米中の危険なゲームが始まった―赤い帝国中国崩壊の方程式

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2019年03月24日 01時29分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 238p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784828419589
  • NDC分類 319
  • Cコード C0095

内容説明

米中蜜月時代の恐怖!?日本は世界の一極を取れ!トランプと習近平のしくじり合戦がはじまり世界は大混乱へ…

目次

第1章 米中露の思惑が交錯する世界秩序の分水嶺(トランプは“文革”をやろうとしているのか;米国の親中派がトランプに警告 ほか)
第2章 権力闘争が習近平を戦争に駆り立てる―赤い帝国主義台頭(中国が豊かになれば民主化が進むという「中産階級理論」の破綻;“腐敗”と“有限会社共産党”化が統治の手段 ほか)
第3章 半島、台湾、南シナ海で米中がまき散らす戦争の火種(2017年4月、半島の緊張はなぜ高まったか;江沢民時代から始まっていた北朝鮮の核保有へのバックアップ ほか)
第4章 多極時代の1極を獲れ―問われる日本の外交姿勢(「ランドパワー」が圧倒するこれからの世界の4つの予想図;日本外交は多極化時代の1極をとれ ほか)

著者等紹介

福島香織[フクシマカオリ]
ジャーナリスト。1967年、奈良県に生まれる。大阪大学卒業後、産経新聞社に入社。文化部、社会部などを経て香港支局長、北京特派員、政治部記者を歴任。2009年からフリージャーナリストとして主に中国、中華圏の政治、社会、経済、文化をカバーする(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。