なぜメルケルは「転向」したのか―ドイツ原子力四〇年戦争の真実

個数:

なぜメルケルは「転向」したのか―ドイツ原子力四〇年戦争の真実

  • ウェブストアに在庫がございます。受注日から通常3日以内に発送いたします。
    午前10時30分までにご注文の場合、最短で当日の発送となります。
    ※複数冊ご注文の場合や、医学書等一部の商品については、3日以内に発送できない可能性がございます。
    ※まれに、在庫切れや事故等により、納期が遅延したり入手不能となる可能性もございます。予めご了承ください。
    ※お届け先に店舗受取サービス(送料無料)をご指定いただけます。New!!
    【カートに入れる】を選択後にご指定下さい。詳細はこちら
    お受け取りご希望店舗は国内の全店舗からお選びいただけます。
  • この商品は、国内送料無料でお届けします。
  • ※「帯」はお付けできない場合がございます。
  • サイズ B6判/ページ数 268p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784822248901
  • NDC分類 539.091

内容説明

2022年12月31日までに原発全廃。福島の原発事故で一気に方向転換したドイツ。その特異なリスク感覚をドイツ在住20年のジャーナリストが解明する。

目次

第1章 甦るチェルノブイリの記憶(「トキオ・イン・アングスト」;甦るチェルノブイリの記憶 ほか)
第2章 ドイツ原子力四〇年戦争(脱原発政策を生んだ緑の党;四〇年に及ぶ原子力論争 ほか)
第3章 フクシマ後のリスク分析(二つの委員会;「ドイツの原発は危険」という指摘はなかった ほか)
第4章 はじめにリスクありき―日独のリスク意識と人生観(世界で最もリスク意識が高い民族;ドイツ人の悲観主義と不安 ほか)

著者紹介

熊谷徹[クマガイトオル]
1959年東京生まれ。早稲田大学政経学部卒業後、NHKに入局。ワシントン支局勤務中に、ベルリンの壁崩壊、米ソ首脳会談などを取材。90年からフリージャーナリストとしてドイツ・ミュンヘン市に在住。過去との対決、統一後のドイツの変化、欧州の政治・経済統合、安全保障問題、エネルギー・環境問題を中心に執筆している。『ドイツは過去とどう向き合ってきたか』(高文研)で2007年度平和・協同ジャーナリズム奨励賞受賞。Mixi、Facebook、Twitterでも実名で記事を公開中(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)