ぶんか社文庫
堕ろすとき…―思いもせぬ妊娠。「決断」を迫られたとき、女性は…

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 255p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784821150410
  • NDC分類 916
  • Cコード C0195

内容説明

上京後風俗の世界に入り、ファッションヘルス嬢、AV女優、ホテトル嬢、性感マッサージ嬢、さらには契約愛人業など「風俗のフルコース」を経験し、自らも4度の中絶を体験した著者による渾身のルポルタージュ。思いもせぬ妊娠をしたときに13歳の中学生、29歳の風俗嬢、21歳の女子大生はそれぞれ堕胎を選択する。そのギリギリの決断時に彼女たちは一体何を思ったか?女「性」の本音に鋭く迫る。

目次

第1章 私の人生を変えた4度の中絶―酒井あゆみの場合(24歳)
第2章 私、産みます!―13歳と14歳で2度の中絶。青春を取り戻しつつあるAV女優志願の下町娘・早枝の場合(20歳)
第3章 誰の子供かわからない!―彼氏の子?パトロンの子?女子大生・美奈子の場合(21歳)
第4章 悲しいけれどサヨナラ―キャリア12年。2度の中絶を経て幸せをつかんだ風俗嬢・ミクの場合(29歳)
第5章 もう汚れた女だよ―エリート好きの帰国子女・夏美の場合(24歳)
第6章 ごめんね、赤ちゃん―大人になりたい?なりたくない?悩めるロリータ・モモコの場合(17歳)
第7章 プラマイ・ゼロ?―“疑似火遊び体験”の果てに妊娠した一流企業のOL・利香の場合(20歳)
第8章 復讐?―私をもて遊んだ男が憎い!妊娠でOLから水商売に転職したお嬢様・ゆかりの場合(22歳)

著者等紹介

酒井あゆみ[サカイアユミ]
1971年、福島県生まれ。18歳で上京後風俗の世界に入る。ファッションヘルス、ホテトル、SM、ソープランド等、「風俗のフルコース」を経験。風俗の他にもAV女優や「愛人業」などにも手を染める(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

chocona

1
心の痛い話ばかり・・・でも私も一歩間違えば彼女達と同じ道を歩んだかもしれないとも思う。2010/07/03

サラ.K

0
確かに著者は文章がうまいわけではない。ただ実際に体験し、見聞きしたことを本人の感情を交えながら書かれるというのが読みやすいし、わたしなどは身近に感じられる。中絶をめぐる話が続くので気分は暗くなる。そして男性の不甲斐なさに(自分の経験も踏まえて)失望する。けれど筆者の赤ちゃんを長くとどめていとおしむことが本当に中絶の肯定につながるのか。中絶は中絶である。それは事実だ。2011/12/01

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/384466

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。