評伝 山口武秀と山口一門―戦後茨城農業の「後進性」との闘い

個数:

評伝 山口武秀と山口一門―戦後茨城農業の「後進性」との闘い

  • ウェブストアに7冊在庫がございます。(2021年05月09日 13時41分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 265p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784818825765
  • NDC分類 289.1
  • Cコード C1061

内容説明

常東農民運動の先頭に立った武秀。独自の営農方式を確立し農家経営を改善した一門。戦後の「後進県」において貧しさからの解放のために闘った二人の農村運動の先覚者、その歴史。

目次

二人の山口を生んだ茨城の風土
第1部 山口武秀と常東農民運動―「辺境の地」から「一大園芸王国」へ(「後進県」の「後進地域」;常東農民運動の成果と終焉;常東農民運動以後の鹿島台地畑作農業の展開過程)
第2部 農協と田園都市と山口一門(水害常襲地だった玉川地域;小さな農協の大きな挑戦―山口一門と玉川農協;ユートピアの実現めざして―山口一門と田園都市)
二人の山口が遺したもの

著者等紹介

先〓千尋[マッサキチヒロ]
1942年茨城県那珂郡静村(現那珂市)生まれ。水戸第一高等学校、慶応義塾大学経済学部卒業。農業を営む傍ら、茨城大学人文社会科学部市民共創教育研究センター客員研究員を務める。過去に全国販売農業協同組合連合会(現全農)、群馬県永明農協(現前橋市農協)、水戸市農協(現水戸農協)、瓜連町農協(現常陸農協)、(有)地域活力デザイン研究所代表取締役、ひたちなか農協(現常陸農協)専務、NPO法人有機農業推進協会理事長。茨城県瓜連町議、瓜連町長。農林省農業総合研究所駐村研究員、茨城大学地域総合研究所客員研究員、茨城大学人文学部、筑波大学生物資源学類、鯉渕学園、茨城県立農業大学校各非常勤講師、茨城大学地域総合研究所特命教授を歴任(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。