知識社会のゆくえ―プチ専門家症候群を超えて

個数:

知識社会のゆくえ―プチ専門家症候群を超えて

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2019年09月19日 07時12分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 242p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784818815568
  • NDC分類 361
  • Cコード C0036

内容説明

知識産業、知識労働、知識経済…。環境問題、貧富格差、リスク増大など地球規模の問題に「知識」は正面から受け止めているのか。「知識社会」の矛盾にどう向き合うか。

目次

序 知識社会の新たな視点
第1章 知識社会の登場
第2章 国家の機能低下と市民の発言力の高まり
第3章 専門家と市民―知識社会の担い手の関係
第4章 風力発電と薬害防止―知識の新たな役割
第5章 知識社会への飛躍

著者等紹介

木場隆夫[キバタカオ]
1960年東京都生まれ。東京大学法学部卒業。84年科学技術庁入庁。その後経済企画庁、科学技術庁科学技術政策研究所を経て、2000年総合研究開発機構研究開発部主任研究員。03年7月より筑波大学研究協力部、その間、筑波大学にて経営学修士、東京工業大学にて学術博士取得
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

知識産業、知識労働、知識経済、環境問題、貧富格差、リスク増大など地球規模の問題を「知識」は正面から受け止めているか。「知識社会」の矛盾を整理する。