ヨーロッパ統合史

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 374p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784815805838
  • NDC分類 333.7
  • Cコード C3031

内容説明

政治・経済から軍事・安全保障、規範・社会イメージにわたる複合的な国際体制の成立と変容を、近年公開の進んだ膨大な史料に基づいて内容豊かに描き出し、今日にいたるヨーロッパ統合の新たな全体像を提示した初の本格的通史。

目次

序章 ヨーロッパ統合の歴史―視座と構成
第1章 ヨーロッパ統合の前史
第2章 ヨーロッパ統合の胎動―戦間期広域秩序論から戦後構想へ
第3章 ヨーロッパ統合の生成・1947‐50年―冷戦・分断・統合
第4章 シューマン・プランからローマ条約へ・1950‐58年―EC‐NATO‐CE体制の成立
第5章 大西洋同盟の動揺とEECの定着・1958‐69年
第6章 デタントのなかのEC・1969‐79年―ハーグから新冷戦へ
第7章 ヨーロッパ統合の再活性化・1979‐91年
第8章 冷戦後のヨーロッパ統合・1992‐98年
第9章 21世紀のヨーロッパ統合―EU‐NATO‐CE体制の終焉?
終章 ヨーロッパ統合とは何だったのか―展望と含意

著者等紹介

遠藤乾[エンドウケン]
北海道大学大学院法学研究科・公共政策大学院教授(国際政治、ヨーロッパ政治)。北海道大学法学部卒業、同大学大学院法学研究科修士号、ベルギー・カトリック・ルーヴァン大学MA、オックスフォード大学政治学博士号。欧州共同体(EC)委員会「未来工房」専門調査員(1993)、イタリア・ヨーロッパ大学院大学ジャンモネ研究員(2000‐01)、ハーヴァード法科大学院エミールノエル研究員(2001‐02)、パリ政治学院客員教授(2006)などを経て現職(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

陽香

1
200804102016/08/05

ワッキー提督

0
ヨーロッパ統合の歴史の概略を理解するのに最適な一冊2013/11/01

tsuitsui

0
長年かけてEUが誕生したことに身をつまされます。 ただ現実はね。。。やはり周辺部、経済からの問題が。 ただ今まで様々な思いや願いがあり、それがつもり誕生したことを考えると今が頑張りどころなんでしょうね。 日本、東アジア地域もどうなることやら。2013/05/12

atsukippi

0
何らかの形では東アジア統合についての参考になるのか2012/07/03

ごる

0
読んだと言えるかはなはだしいけど読みました。先生も少しやさしく書いて泣

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/99845

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。