GA文庫<br> その商人の弟子、剣につき

個数:
電子版価格 ¥726
  • 電書あり

GA文庫
その商人の弟子、剣につき

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年10月17日 10時33分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 320p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784815605254
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

 欲には金貨を。願いには勇気を。だが、金貨で刃は防げない――。

 若き商人エドモンドは人外の剣に出会い、【彼女】を助けてしまう。
「吾輩は魔王の剣、ティフィンだ」
 美しい女性になった魔王の剣は、商人エドとともに北へ向かう。
「吾輩は再び封印されなければならない。そうすれば魔王の復活を防げ、勇者をこの世界に生ませずに済むのだから……」
 だがエドたちの前に現れる凄腕の傭兵少女、そして勇者とその剣……

 魔王の剣が、世界の敵となる前に、エドは語り出す。
「俺は商人だ。ここからは楽しい話をしよう。互いが儲かる話を」
 そんな、金貨と旅と世界の物語。

内容説明

欲には金貨を。願いには勇気を。だが、金貨で刃は防げない―。若き商人エドモンドは人外の剣に出会い、“彼女”を助けてしまう。「吾輩は魔王の剣、ティフィンだ」美しい女性になった魔王の剣は、商人エドとともに北へ向かう。「吾輩は再び封印されなければならない。そうすれば魔王の復活を防げ、勇者をこの世界に生ませずに済むのだから…」だがエドたちの前に現れる凄腕の傭兵少女、そして勇者とその剣…。魔王の剣が、世界の敵となる前に、エドは語り出す。「俺は商人だ。ここからは楽しい話をしよう。互いが儲かる話を」そんな、金貨と旅と世界の物語。第12回GA文庫大賞銀賞受賞。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

まっさん

35
★★★★ GA文庫大賞銀賞受賞作品。個人的にめちゃくちゃ面白かった。世界の歪みを正すために魔王の剣として振るわれる運命を背負った人外の少女・ティフィンと出会った一介の商人・エドが、持ち得る全ての人脈、知識を総動員して勇者が描く物語に抗う話。今作の勇者はある意味で完璧無欠であり、ある意味でどこか歪な存在であり、国すらも巻き込んだ非道とも言える彼の思惑に立ち向かう主人公の在り方がとてもカッコ良かった。また、今作の主人公はあくまで一介の商人にすぎず、実は秘められた実力があった〜等のいわゆるなんちゃって商人で→2021/01/02

芳樹

26
若き商人エドモンドが出会った『魔王の剣』美しい女性の姿をしたそれはティフィンと名乗り、自分がいると魔王が復活する。自分は封印されなければならないと言う。エドモンドはそんな彼女とに封印の地を目指すことになり…。これは傑作。戦士でも魔法使いでも、まして勇者でもない一介の商人が世界の変革に関わっていく物語。手段を選ばず理想を手にしようとする者たちの「謀略」と、貨幣と物流という経済を基にした商人の「知略」の戦いがとにかく熱い。そしてティフィンが可愛い。エドモンドたちの旅は始まったばかり。続きが大いに気になります。2021/02/27

しぇん

25
魔王を倒した後の勇者は強い理念ゆえ壊れてしまうことが繰り返されてきた世界で、魔王が目覚めることを望まない優しい魔王の剣の物語。ゆったりした物語ですが、作者の優しさがあらわれた物語になっていました。伏線も残してますが、ここで終わっても綺麗だから良いかなとおもいます2020/12/13

サケ太

18
硬派なハイファンタジー。なかなか完成度が高い世界観。主人公の立ち回りは、あくまで商人として、というのがいい。2020/12/28

Mu@芒羊會

16
うーん、これはちょっと……。中世風の世界で商人と人外と言えば「狼と香辛料」的なお話かなと想像してしまうのだけどかなり違ったかな。いやまあそれは良いのだけどちょっと物語が熟れてない印象が強い。魔王の剣を拾った商人が”商人で魔王”な存在になるのかなと思ったらそうでもなく、魔王の剣がヒロインかと思ったら真のヒロインは傭兵団のボスだったり、商売絡みの切り札の理屈があんまりよく分かんないしと、なんかいろいろ微妙だった。まあ、これがデビュー作だし、これから精進して頑張って欲しいなあと。2020/12/17

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/15865288

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。