プリミエ・コレクション<br> 啓発された自己愛―啓蒙主義とバルベラックの道徳思想

個数:

プリミエ・コレクション
啓発された自己愛―啓蒙主義とバルベラックの道徳思想

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2019年04月20日 03時20分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 308p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784814001958
  • NDC分類 135.3
  • Cコード C3310

内容説明

ジャン・バルベラック(Jean Barbeyrac、1674‐1744)は、グロティウス、プーフェンドルフの著作の仏訳によって後世に名を残したが、ただ思想を媒介しただけではない。プーフェンドルフの著書に付した長い序文『道徳哲学史』には彼の独自の道徳思想が見られ、それは後世のスコットランド学派につながる。紹介者としての一面のみで捉えられ、これまで表舞台に現れてこなかった彼の思想を、キリスト教思想の観点から浮き彫りにする未知の試み。

目次

序章 キリスト教的人間像の変遷と道徳哲学
第1章 バルベラック『道徳哲学史』と自然法学
第2章 バルベラック『娯楽論』研究序説―福音道徳と理性
第3章 バルベラックの「啓発された自己愛」
第4章 ティロットスンのキリスト教的人間像(感覚・理性・信仰)―バルベラックの思想との関連性をめぐって
第5章 「直観」の哲学史―「道徳科学」と「精神哲学」
終章 スコットランド哲学のフランスへの伝播―ジェランド『哲学体系比較史』をめぐって
付録

著者等紹介

門亜樹子[カドアキコ]
京都大学大学院経済学研究科ジュニアリサーチャー。京都大学博士(経済学)。1978年京都府生まれ。2007年京都大学大学院経済学研究科博士後期課程修了。日本学術振興会特別研究員(PD)、京都大学研修員、京都大学非常勤講師を経て、2013年より現職。社会思想史専攻(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

18世紀啓蒙時代――グロティウス、プーフェンドルフの著作の仏訳によって後世に名を残した思想家ジャン・バルベラック(Jean Barbeyrac