ラヴァーズ文庫<br> ダークフェイス―閉じ込められた素顔〈上〉

電子版価格 ¥649
  • 電書あり

ラヴァーズ文庫
ダークフェイス―閉じ込められた素顔〈上〉

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 212p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784812446973
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

「今さら後悔しても遅い。これは忠告を無視した当然の罰だ―」。新聞記者の貴志誠一は、ある殺人事件の記事に疑問を覚える。閑職に迫いやられ、暇を持て余していた貴志は、その秘密を一人で探ることにするが、事件において重要な鍵を握っているのは、警察官僚の篠原亮司だった。怜悧で冷たい雰囲気をまとう篠原は、貴志にまともに取り合おうとせず「関わるな」と忠告する。しかし貴志は、高慢な篠原に憤りを感じ、事件の裏側を探ろうと躍起になった。だがある夜、危険な匂いを漂わせる黒獣のような男に拉致され…。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

はつばあば

34
新聞記者が事件を記事とする時・・・。内容は凄く面白かったけど凌辱シーンがいたたまれなかった。「何があったか」知りたい、報道したいと云う貴志の執念はどちらの方向に進むのか・・下巻へ2018/08/03

辺辺

18
積本崩し。レーター狙い。じっくり時間をかけて読めないから、内容よりも絵師・奈良千春さんのイラストを中心に眺める。(酷い?笑)この頃、絵にまた変化が表れていたね。顔つきが精悍でシャープになってきたよ。そして、扉絵の危険な匂いがぷんぷん。悪い男になぜこうも惹かれるのでしょうか?←変態め!自爆。2018/11/10

そらねこ

15
上下巻既読。秀香穂理さんは昔の作品が好き。これは特に面白かった。2019/08/16

まふぃん

12
untitled。エリートコースから外れた新聞記者が真相を暴くサスペンス。ラブはなし。なかなかハードな展開です。2019/09/23

黄葵

10
長い間積んでだけど、やっと読み終わった…なんか久々に秀さん読むな〜と思い、やっぱり展開というか駆け引きが面白いなぁ〜と思い、早く下巻を読みたいが持ってないから手に入れなければ!奈良さんの挿絵で、二重に満足です。2015/09/27

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/4189757

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。