竹書房時代小説文庫<br> 私雨―峰蔵捕物歳時記

電子版価格 ¥733
  • 電書あり

竹書房時代小説文庫
私雨―峰蔵捕物歳時記

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 266p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784812444269
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

柳原の親分こと、御用聞きの峰蔵は、通称才槌長屋の借店に五人の捨て子を住まわせ、面倒を見ている。内神田富松町のそこには他にも湯潅場買い、大工、浪人、茶屋女、仲人、古椀買い、武家の隠居、大工など色々な人たちも日々の暮らしを営んでいた。この長屋の住人に降り掛かる人生のさまざまな出来事、事件を江戸の四季折々の風情と人情を織り交ぜ描いた、書き下ろし時代小説。

著者等紹介

長谷川卓[ハセガワタク]
1949年、神奈川県小田原生まれ。早稲田大学文学部大学院修士課程修了。1980年、群像新人文学賞受賞、1981年、芥川賞候補となる。2000年、角川春樹小説賞を受賞。静岡市在住(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

文句有蔵

4
読み終わって思わず作家の名前を確認したほど、「だから何やねん」という話(^-^;)山本一力なら「いつものこと」と思えるが、一力が描くような、派手で気っ風のいい世界ではない。また「長谷川卓」の、ごく普通の語り口にクスリと笑わせる技法も皆無。「斯く斯く然々のことがありました。昔まっこうさるまっこう☆」。それでも最後まで読ませたのは、それが技量というものか。……「女の恥を金で買う」は名言。恥の有る無しで鰹か鯛に悩むようになるんやで、お嶋!(笑)2015/04/28

あき

1
タイトルに峰蔵捕物とあるけど、捕物話ではなくて人情長屋物。人間のもつ二面性がテーマなのかな。自分の中の弱さとかズルさとか、置かれた環境。乗り越えた人、乗り越えられなかった人。自分だったら乗り越えられるだろうかとか、あんな風に優しくなれるだろうかとか、いろいろ考えさせられた一冊だった。長谷川卓さん、やっぱり好きだわ。もっともっと読ませて頂きたかった。(T^T)2021/07/28

laughmix

1
長谷川さん一体どうしちまったんだ・・・って思いました(笑) 長編の匂い立つような文章がまるでなく、でも読みやすくて情景が浮かぶ感じはさすがうまいです。 私は長屋の子供たちのエピソードをもっと読みたかったな。主人公もあんまり出てこないし、メインが誰なのかがハッキリしない感じが良しあしかも。2018/08/16

Roku

1
いい話もあったが、ものたりない。『嶽神』とのギャップが…。2016/06/19

M2

1
捕り物中心のお話かと思ったら、市井の人々の姿を中心に描いたシリーズでした。人の暗い部分、人の世の辛さや哀しさ、その中で生きる人々の哀歓、逞しさ、しなやかさがきっちり描かれていて、ああ、さすが長谷川さんだなという一冊。ご隠居と嶋さんの関係がなんとなく好き。2011/01/28

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/2181887

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。