竹書房時代小説文庫<br> さむらい残党録 維新の老剣鬼―三遊亭圓士お仕置き控

電子版価格 ¥733
  • 電書あり

竹書房時代小説文庫
さむらい残党録 維新の老剣鬼―三遊亭圓士お仕置き控

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 346p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784812439845
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

名人、三遊亭圓朝の弟子、圓士は元大身旗本。本名、松平新左衛門は、幼馴染み三人と彰義隊に参加し、命からがら生還。維新後、金森多助は新聞記者、波島文治は警察官、近藤重三郎は町道場主として、江戸がどんどん消えていく、明治の時代をやりきれない思いを抱いて生きていた。だが武士の魂を失わない四人組は、旧幕臣からの依頼でこの世の悪を葬る、裏の家業に携わっていた!「士族の気概」前編・後編と「維新の老剣鬼」の3話収録。時代は変わっても“さむらい”たちは、矜持をもって剣を振るい、悪い奴を叩っ斬る。