教えて考えさせる授業 中学校―新学習指導要領対応

個数:

教えて考えさせる授業 中学校―新学習指導要領対応

  • ウェブストアに4冊在庫がございます。(2018年06月20日 01時52分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B5判/ページ数 142p/高さ 26cm
  • 商品コード 9784810026085
  • NDC分類 375
  • Cコード C3037

内容説明

「教えたつもり」「わかったつもり」を超えて、「理解」をとことん大切にする授業をめざす。教示の工夫と、知識を活用する問題解決の双方から確かな習得へといたる現実的な授業設計論。

目次

第1章 「教えて考えさせる授業」とは何か(「教えて考えさせる授業」とは;「理解」を大切にした授業;授業の設計と展開における工夫;学校現場からの声)
第2章 「教えて考えさせる授業」の実際(数学;理科;国語;社会;英語;音楽;美術;保健体育;技術・家庭)
第3章 「教えて考えさせる授業」を充実させる取り組み(「三面騒議法」で協議会を活性化する;指導と評価を連動させる定期テストの改善;授業を通して教科横断的な学習スキルを育てる)

著者等紹介

市川伸一[イチカワシンイチ]
1953年、東京生まれ。東京大学文学部卒業。現在、東京大学大学院教育学研究科教授。文学博士。専攻は認知心理学、教育心理学。とくに、認知理論に基づいた学習過程の分析と教育方法の開発をテーマとしている。文部科学省中央教育審議会教育課程部会委員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。