インドの無認可学校研究―公教育を支える「影の制度」

個数:
  • ポイントキャンペーン

インドの無認可学校研究―公教育を支える「影の制度」

  • 小原 優貴【著】
  • 価格 ¥3,520(本体¥3,200)
  • 東信堂(2014/03発売)
  • 秋の夜長 全店ポイント2倍キャンペーン(~9/23)
  • ポイント 64pt
  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

    【ご案内】
    新型コロナウィルス感染拡大の影響により、出版社からのお取り寄せ品におきまして、在庫状況や納期の確認ができなかったり、入荷までに普段よりも日数がかかる場合がございます。恐れ入りますが、あらかじめご了解くださいますようお願い致します。


  • サイズ A5判/ページ数 215p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784798912233
  • NDC分類 372.25
  • Cコード C3037

内容説明

経済発展を続けるインドでは膨大な無認可学校が生み出されている。教育を社会的上昇の鍵として希求する国民の熱意に、政府の教育普遍化の能力ははるかに及ばなかったのだ。詳細な調査を通じ、貧困層を対象とした低額私立学校を中心にこれら無認可学校の全貌を明らかにするとともに、無認可学校の存続に関わる営為の総体を、公教育が孕む矛盾・欠陥をまざまざと反映する「影の制度」と捉え、その意義と役割を分析・解明。

目次

第1章 教育の普遍化政策と公教育制度の構造
第2章 デリーの無認可学校の法的正当性
第3章 無認可学校の組織的構造
第4章 保護者の学校選択と「影の制度」
第5章 教育制度の正規化と「影の制度」
終章 「影の制度」の役割・課題・展望

著者等紹介

小原優貴[オハラユウキ]
1978年生まれ。関西学院大学総合政策学部卒業。京都大学大学院教育学研究科博士後期課程研究指導認定退学。博士(教育学)。比較教育学専攻。アクセンチュア(株)(2002~2004年)、インド国立教育計画経営大学・リサーチ・インターン(2008~2009年)を経て、現在、日本学術振興会特別研究員(PD)(早稲田大学大学院アジア太平洋研究科)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。