宝島社新書
派遣のリアル―300万人の悲鳴が聞こえる

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 新書判/ページ数 222p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784796660297
  • NDC分類 673.9
  • Cコード C0236

内容説明

ワンコールワーカー、偽装請負、データ装備費問題、ネットカフェ難民…「ハケン」から日本の未来が見えてくる。『ワーキングプア』の門倉貴史が鋭く問う!派遣労働者、大手派遣会社社員への取材ドキュメントも10本収録。

目次

第1章 日給6000円で働く人たち(拡大する日本の人材派遣市場;派遣会社の形態あれこれ ほか)
第2章 10分で分かる派遣の歴史(1985年までは禁じ手だった日本の派遣ビジネス;1966年に米国の人材派遣会社が日本に上陸 ほか)
第3章 使い捨てられる女性派遣の現実(理想と現実のギャップが大きい派遣の世界;増加する女性の派遣社員 ほか)
第4章 ネットカフェ難民と団塊派遣(ホームレスが減少する傍らで増える「ネットカフェ難民」;「ネットカフェ難民」になりやすい「ワンコール・ワーカー」 ほか)
第5章 労働ビッグバンは派遣に何をもたらすのか?(「労働ビッグバン」は派遣社員を救えるのか?;骨抜きになった労働契約法案 ほか)

著者等紹介

門倉貴史[カドクラタカシ]
エコノミスト。1971年神奈川県生まれ。慶應義塾大学経済学部卒業。専攻はマクロ経済学。同大学卒業後、横浜銀行のシンクタンク浜銀総合研究所の研究員となる。社団法人日本経済研究センター、東南アジア経済研究所(シンガポール)への出向を経て、2002年に第一生命経済研究所に移籍、経済調査部主任エコノミストになる。2005年7月からは、BRICs経済研究所の代表に就任。専門は、日米経済、アジア経済、BRICs経済、地下経済と多岐にわたる。同志社大学非常勤講師(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。