• ポイントキャンペーン

宝島社新書
ウェブ2.0は夢か現実か?―テレビ・新聞を呑み込むネットの破壊力

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 新書判/ページ数 253p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784796654166
  • NDC分類 547.48
  • Cコード C0233

内容説明

googleチルドレンが歴史を塗りかえる。WEB2.0のその後。

目次

第1章 ウェブは、世の中を変えるのか?(スカイプは戦争を巻き起こすか;活字を読む文化が復権しつつある ほか)
第2章 ウェブVSオールドメディア(グーグルニュースをめぐる水面下の戦い;「録画ネット」事件は、オリンピック放映権の問題である ほか)
第3章 ウェブの世界の不思議な人びと(ひろゆきとライブドア社長の共通項って?;情報システム部門のブラックホール ほか)
第4章 ウェブ事件簿(ビジネスソフトの不正コピーで摘発される中国の日本企業;北尾吉孝社長が登場してくるとは… ほか)
第5章 ウェブ2.0は幻想か?(顧客のスコアデータに連動させるビジネス;ウェブ2.0は日本でどう実現するのか? ほか)

著者等紹介

佐々木俊尚[ササキトシナオ]
1961年、兵庫県生まれ。早稲田大学経済学部中退。1988年、毎日新聞社に入社し、東京本社社会部で警視庁の捜査一課担当となり、殺人やテロ事件の報道に携わる。1999年、アスキーに移り、『月刊アスキー』編集部勤務の後、退社。フリージャーナリストとして主にIT企業関連の取材を精力的に続けている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。