好奇心のパワー―コミュニケーションが変わる

個数:

好奇心のパワー―コミュニケーションが変わる

  • ウェブストアに11冊在庫がございます。(2017年05月27日 05時40分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 234p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784794810601
  • NDC分類 361.45

内容説明

20世紀までのコミュニケーションには「好奇心」が欠けていた!21世紀のコミュニケーションでは、「好奇心のスキル」が中心に据えられます。「好奇心」をベースにしたやり取りは、単にコミュニケーションを円滑にするだけでなく、協力(より良い人間関係)、イノベーション、創造性までもたらしてくれます。その方法を身につけて、使うための具体的な方法が、職場や家族の事例を織り交ぜながらとても分かり易く紹介されているのが本書です。どのように聴いて、どのように話すのか?さらに、どのような人間関係をあなたは築きたいのか?コミュニケーションのあり方とその幅を広げる1冊です。

目次

1 好奇心のスキル(なぜ、好奇心?;「今、ここ」に集中する;聴き方を選択する;好奇心を示すオープンな質問をする)
2 好奇心を使って自分自身を理解する(自分の価値観を明らかにする;自分の望みを明らかにし、適切な限度を設ける;価値観を感情と結び付ける;落ち着く方法をいつでも利用できるようにする)
3 好奇心を使って他者を理解する(とても大切な答え)

著者紹介

タバナー,キャシー[タバナー,キャシー] [Taberner,Kathy]
組織のリーダーを対象にしたコーチ。「好奇心研究所(The Institute of Curiosity)」を設立。バンクーバー、ベースにして活躍している

スィギンズ,カーステン[スィギンズ,カーステン] [Siggins,Kirsten]
組織のリーダーを対象にしたコーチ。「好奇心研究所(The Institute of Curiosity)」を設立。ロスアンジェルスをベースにして活動している

吉田新一郎[ヨシダシンイチロウ]
「まちづくり・コミュニティづくり」や政府開発援助やNGOによる海外協力をしていた(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

あなたは、職場や家庭でのコミュニケーションで悩んでいませんか? 人とコミュニケーションを図るとき、あなたは次のいずれのやり方を採っていますか? ?伝えたり、教えたり、相手の発言に評価を下す。その際、自分の視点を優先する。?問いかけたり、相手の考え方を認めることに留意する。その際、自分の視点以上に相手の視点を考慮する。
 本書の著者たちは、?のスタイルが必要な場合があることは認めつつも、基本的には?のスタイルが二一世紀においては基調をなすと訴えます。そしてこの?のスタイルは、水平関係のコミュニケーションのとり方とされます。
 ?のスタイルは、年齢や立場が上の者が経験知を多くもっていた時代においては、それなりに機能していました。しかし、誰もが等しく情報にアクセスできるようになった今日の情報化社会にはマッチしません。それに対して?は、質問をすることによって相手を理解しようとするところからはじまりますので、自分だけでなく相手にもコミュニケーションの可能性を拓くことになります。
 言ってみれば、二〇世紀までのコミュニケーションのとり方には「好奇心」が欠けており、二一世紀型のそれでは「好奇心のパワー」が中心に据えられるということです。
 このような好奇心をベースにしたやりとりは、単にコミュニケーションを円滑にするだけでなく、協力(より良い人間関係)、イノベーション、創造性までもたらしてくれるというのですから、その方法を身につけて使わない手はありません! 本書では、その日常生活への具体的な採り入れ方が、職場と家庭の事例を織り交ぜながらとても分かり易く紹介されています。
 どのように聴いて、どのように話すのか? さらに、どのような人間関係をあなたは築きたいのか? コミュニケーションのあり方とその幅を広げる好著です。(よしだ・しんいちろう)

キャシー・タバナー[キャシー タバナー]
Kathy TABERNER & Kirsten SIGGINS 両者とも組織のリーダーを対象にしたコーチ。好奇心こそが「状況打開」の鍵だと信じて「好奇心研究所(The Institute of Curiosity)」を設立。キャシー(母)はバンクーバー、カーステン(娘)はロスアンジェルスをベースに活動している。

カーステン・スィギンズ[カーステン スィギンズ]
Kathy TABERNER & Kirsten SIGGINS 両者とも組織のリーダーを対象にしたコーチ。好奇心こそが「状況打開」の鍵だと信じて「好奇心研究所(The Institute of Curiosity)」を設立。キャシー(母)はバンクーバー、カーステン(娘)はロスアンジェルスをベースに活動している。

吉田新一郎[ヨシダシンイチロウ]