現代思想 〈第41巻第12号〉 特集:婚活のリアル

個数:

現代思想 〈第41巻第12号〉 特集:婚活のリアル

  • 価格 ¥1,361(本体¥1,238)
  • 青土社(2013/08発売)
  • ポイント 12pt
  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年08月12日 19時01分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 230p/高さ 23cm
  • 商品コード 9784791712670
  • NDC分類 105
  • Cコード C9410

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

壱萬弐仟縁

16
雨宮処凛「『あがり』は結婚?」(72-80頁)。昔はゴールインとか言ってた。今は選ばれた人しかできない気もする。「結婚というシステムをなくしてしまえばいい」(78頁)。社会制度としての結婚だから、評者も独身の半人前で発言すれば、同感。息苦しいしくみはやめてしまえばいい。保守には叱られると思うけども。形式だけで愛のない政略だってあるんだからな。綺麗事ではないよ。海妻径子「認知資本主義は婚姻制度を必要とするか」(82-93頁)。ポスト・フォーディズムでは労働力供給過剰が強調(83頁)。男女就業環境変化を指摘。2013/10/20

おおにし

8
雨宮処凛さんのインタビューを中心に流し読み。就活で心身ぼろぼろになって、もう就職はいいから結婚でいいやと婚活へむかう若年女子たち。女子力を上げる婚活は苦しいだけの就活より楽しいと「ステキな奥様」を目指す女子が増えることはやむを得ないこと。しかし結婚する以外に女性が幸せになれるモデルを示せないところに婚活の厳しいリアルがあるようだ。我が家も長女がそのうちこのリアルに直面する。他人事ではない。2013/11/17

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/7030465

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。