プリント基板付き電子工作解説書series
短波CW送信機の実験―自分で作った7MHz CW送信機でQSOしてみよう!

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B5判/ページ数 31p/高さ 26cm
  • 商品コード 9784789812597
  • NDC分類 547.542
  • Cコード C3055

目次

第1章 本機の構成(可変水晶発振回路(Tr1)
緩衝増幅器(バッファ・アンプ、Tr2)
振動増幅器(バッファ・アンプ、Tr3))
第2章 パーツを集めよう
第3章 基板の組み立て
第4章 基板の動作テスト(VXOの調整;LEDによるRF表示器;ケース組み込みと付加回路;運用方法)
資料 申請方法

著者等紹介

高田継男[タカダツグオ]
昭和9年生まれ。子供のとき鉱石ラジオを作ったのをきっかけに、ラジオ少年の道をあゆむ。SWL時代を経て昭和29年にJA1AMHを開局。学校卒業後は、菊水電波(現菊水電子)とトリオ(ケンウッド)にて、開発と生産技術を学び、昭和47年ミズホ通信を設立。ローズ・キット、ピコトランシーバーなど数々のユニークなアマチュア無線用キットを開発し、現在に至る(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。