1868―明治が始まった年への旅

個数:

1868―明治が始まった年への旅

  • ウェブストアに26冊在庫がございます。(2019年10月14日 22時56分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 369p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784788715462
  • NDC分類 210.58
  • Cコード C0021

内容説明

パリで日本語新聞発刊、「200年後」を描いたSF小説翻訳、くじで決めた元号「明治」、「東武皇帝」を頂く幻の「北部連邦政府」…みんなこの年!!「明治元年」にタイムスリップ!!激動の毎日を、リアルに再現!

目次

慶応4年1月(晴天の元日、主のいない江戸;戊辰インフレ ほか)
慶応4年2月(ハゲタカ外国商人;豪商たちの「日銀」 ほか)
慶応4年3月(どんちゃん騒ぎの進軍;「都をどり」の地位 ほか)
慶応4年4月(「最強戦艦」の流転;近藤勇の首 ほか)
慶応4年閏4月(官軍の振る舞い;エリートの斬首 ほか)
慶応4年5月(雨続き、血まなぐさい街;タフネゴシエーターの挫折 ほか)
慶応4年6月(戦火の後の花火;パリで日本語新聞 ほか)
慶応4年7月(獄中の罠;「還都」ではなく「奠都」 ほか)
慶応4年8月(「チェスト」で要衝破り;最強のスポンサー ほか)
明治元年9月(くじで決めた「明治」;婦女子、老兵で城を守る ほか)〔ほか〕

著者等紹介

加来耕三[カクコウゾウ]
1958年、大阪市生まれ。歴史家・作家。奈良大学文学部史学科卒業。著作活動のほかに、テレビ・ラジオ番組の時代考証や監修を担当。さらに全国各地での講演活動も精力的に行っている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件