学力低下をどう克服するか―子どもの目線から考える

個数:

学力低下をどう克服するか―子どもの目線から考える

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2018年05月27日 18時58分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 242,/高さ 19cm
  • 商品コード 9784788508439
  • NDC分類 375
  • Cコード C1011

内容説明

子どもの知識と能力を見くびらない、子どもの“認知のバリア”をしっかりとらえる、上の2つをベースに新しいカリキュラムをつくる。「教科の論理」から「子どもの論理」へ、逆転の発想から浮かび上がる問題解決のポイント。

目次

1章 学びへの三つのアプローチ
2章 学業不振
3章 日常生活とインフォーマルな知識
4章 分数はむずかしい
5章 割合はもっとむずかしい
6章 子どもの論理をベースにした教授介入
7章 相互作用を活用した介入
8章 読み・書き・計算と脳機能

著者等紹介

吉田甫[ヨシダハジメ]
九州大学教育学研究科(教育心理学)博士課程修了。教育学博士。宮崎大学教育学部教授を経て、現在立命館大学文学部教授。専攻は、教授心理学、認知心理学
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

 この本は、子どもの目線から学びをとらえ直すことによって、どの子も基礎学力をマスターできるようになることを願って書かれています。主として算数の領域を取り上げていますが、今話題となっている学力低下や学力不振の問題を解決することを意図しています。