戦国大名武田氏の権力構造

戦国大名武田氏の権力構造

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 408,/高さ 22cm
  • 商品コード 9784784215539
  • NDC分類 210.47

目次

戦国大名研究の現状と本書の視角
第1部 戦国大名間外交と取次(武田氏の対上杉氏外交と取次;武田氏の対佐竹氏外交と取次;武田氏の外交取次とその構成;大名間外交と「手筋」―越相同盟再考 ほか)
第2部 大名家中の権力構造と領域支配(武田氏の領域支配と郡司―信濃国諏方郡支配を事例として;武田氏の領域支配と取次―奉書式朱印状の奉者をめぐって;武田家臣三枝氏の家意識とその変遷;武田氏の一門と領域支配 ほか)
戦国大名武田氏権力の特質と構造

著者紹介

丸島和洋[マルシマカズヒロ]
1977年大阪府生、2000年慶應義塾大学文学部史学科卒業。2005年慶應義塾大学大学院文学研究科後期博士課程単得退学。博士(史学、慶應義塾大学)。現在、慶應義塾大学・中央大学・群馬県立女子大学非常勤講師(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)