年々諸用留 六番

個数:

年々諸用留 六番

  • 出版社からお取り寄せいたします。

    【出荷までの期間】
    ■3日~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 383,/高さ 22cm
  • 商品コード 9784784209934
  • NDC分類 335.58

内容説明

住友家文書のなかから重要なものを選んだ『住友史料叢書』。本書は、「年々諸用留 六番」を収載。

目次

寛保元年九月~十月・安綿橋橋掛町より出銀要請
寛保元年十一月・別子銅の廻着高と値段
寛保元年十月~十一月・本多忠統家臣止宿
寛保元年十一月・京都にて新嘗会執行の触書
寛保元年十一月・聚楽町御預ヶ地御用につき出頭
寛保元年十二月・安綿橋橋掛銀割方につき裁許
寛保元年十二月八日・順慶町一丁目家屋敷買得
寛保二年正月・別子銅の廻着高と値段
寛保二年正月二十二日・天王寺南平野町家屋敷売渡
寛保二年正月二十六日・円貞・嘉貞に大姉号拝受〔ほか〕

出版社内容情報

内容紹介
1620年代から大坂で銅の精錬を業とし、一時世界銅産市場にお
いても重要な位置を占めた住友家は、その後金融・貿易などを
も手がけ、近代の財閥につながる豪商の一典型である。その鉱
業史料は、質・量ともにわが国屈指の基本史料であり、本養書
は1万数千点にのぼる近世史科のうち、重要で継続する記録類
を中心に編纂、第1期全6冊、第2期全6冊を刊行する。