ふつうの非婚出産―シングルマザー、新しい「かぞく」を生きる

個数:
電子版価格 ¥1,263
  • 電書あり

ふつうの非婚出産―シングルマザー、新しい「かぞく」を生きる

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2018年11月15日 17時10分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 212p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784781616926
  • NDC分類 916
  • Cコード C0095

内容説明

選択的シングルマザー?積極的非婚出産?結婚はしない。でも、産みたい。

目次

1 人生と家族に絶望(集団生活に馴染めなかった;母親から言われた言葉;ざっくりと家族関係 ほか)
2 わたし、産みたい(じいちゃんがいなくなった;一般的な交際って?;キリスト教への興味 ほか)
3 新しい「かぞく」の形(「助けて」と言えてよかった;長崎から父が来た話;しょうちゃん、父になる ほか)
わたしの積極的非婚出産Q&A

著者等紹介

櫨畑敦子[ハジハタアツコ]
シングルマザー。労働者兼養育者。17歳で多嚢胞性卵巣症候群と診断され妊娠を諦めていたが、会社員を経て保育士になる過程で妊娠・出産を強く望むようになる。「結婚しないで出産したらどういう子育てのやり方があるか?」を模索し、契約結婚やゲイカップルとの人工授精など周囲を巻き込みながら多くの実践を経て、2017年に「積極的非婚出産」を果たした。現在、大阪市内の路地にある古い長屋で友人たちと第一子を養育中(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

結婚はしない。でも、産みたい。「ザ・ノンフィクション」(フジテレビ系)放送。