草の根の通信使〈上〉玄界灘を越えた人々

個数:
  • ポイントキャンペーン

草の根の通信使〈上〉玄界灘を越えた人々

  • 原 健一【著】
  • 価格 ¥2,160(本体¥2,000)
  • 本の泉社(2017/10発売)
  • ウェブストア春のポイント5倍キャンペーン
  • ポイント 100pt
  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2019年03月24日 05時51分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 312p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784780716450
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0093

内容説明

なぜ「近くて遠い国」になってしまったのか。韓国で日本語を教えながら、日本と朝鮮(韓国)との古く、長い交流史に思いを馳せる。私たちは現代の通信使になれるだろうか…。

目次

韓国に至るまで
忘れえぬ人
韓国からのメール
韓国の新しい生活
高松塚古墳のころ
ご飯食べましたか
韓流ブーム
梅雨の後で
江華島へ
慶州・天馬塚にて〔ほか〕

著者等紹介

原健一[ハラケンイチ]
1946年長野県生まれ、日本民主主義文学会会員、同松本支部代表(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。