まなぶっく<br> みんなが知りたい!日本の「絶滅危惧」動物がわかる本

電子版価格 ¥1,674
  • 電書あり

まなぶっく
みんなが知りたい!日本の「絶滅危惧」動物がわかる本

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 128p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784780418767
  • NDC分類 K482
  • Cコード C8045

内容説明

日本に生息する希少でおもしろい生きもの!56種のくらし!詳しい特徴やデータ、分布、豆知識なども満載!どうして数が減ったの?今どんな生活をしているの?守るためにどんなことができるの?いろんなギモンもわかりやすく解説!

目次

ほ乳類(ツシマヤマネコ;イリオモテヤマネコ ほか)
鳥類(コウノトリ;ライチョウ ほか)
爬虫類・両生類(アカウミガメ;アマミイシカワガエル ほか)
汽水・淡水魚類(アユモドキ;ハリヨ ほか)
昆虫類(ベッコウトンボ;ミヤジマトンボ ほか)
貝類・その他(カタマイマイ;カントウイドウズムシ ほか)

著者等紹介

今泉忠明[イマイズミタダアキ]
1944年、東京都生まれ。ほ乳類動物学者。東京水産大学(現・東京海洋大学)を卒業し、国立科学博物館にてほ乳類の分類学・生態学を学ぶ。文部省(現・文部科学省)の国際生物計画(IBP)調査、環境庁(現・環境省)のイリオモテヤマネコの生態調査などに参加。上野動物園で動物解説員などを経て、現在では日本動物科学研究所所長、静岡県の「ねこの博物館」館長(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

小学生に知ってもらいたい日本の「絶滅危惧動物」を環境省が作成したレッドリストに基づき、50種を紹介。日本に生息する希少でおもしろい生きもの!
56種のくらしをのぞいてみよう!

詳しい特徴やデータ、分布、豆知識なども満載!

いろんなギモンもわかりやすく解説!

? どうして数が減ったの?
? 今どんな生活をしているの?
? 守るためにどんなことができるの?


この本では、環境省の絶滅危惧種に指定されている日本の動物の中で、
IA類とIB類を中心に取り上げています。

「ほ乳類」「鳥類」「爬虫類・両生類」「汽水・淡水魚類」
「昆虫類」「貝類・その他」の6つのカテゴリーにわけて紹介しています。

★ 絶滅危惧種の分類(ランク)、種類、主な生息地を記しています。
この本ではどのくらい絶滅の危険があるかわかるように、
危惧ランクを表しています。

★ 動物の生活のようすや習性などを解説するほか、
主な食べ物を記しています。

★ 主な生息地を地図と文字で表すほか、
主な生息環境を記しています。

★ 紹介する動物の全長や体重、身体の特徴のほか、
生物学上の分類(日本語)や寿命、生息数などを記しています。

★ 絶滅がせまっている理由を解説しています。

★ 「ウォッチング」では動物が観察できたり、
動物のことを紹介している施設をとりあげています。
そのほか、動物によっては、
実際に行われている保護生活の内容や、
活動を行っている団体、
動物についての豆知識やおもしろい話も紹介しています。


日本でくらしている動物たちの中でも、
形や性質がおもしろいものや、
絶滅しそうな理由が興味深いものなど56種類。
その中には、テレビやインターネット、
水族館、図鑑などでおなじみの動物もたくさんいます。

身近でおもしろい動物をきっかけに、
野生動物におこっている問題を考えていきましょう。

今泉 忠明[イマイズミタダアキ]
監修