精神科デイケア必携マニュアル―地域の中で生き残れるデイケア

個数:

精神科デイケア必携マニュアル―地域の中で生き残れるデイケア

  • ウェブストア用在庫がございますが僅少です
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■通常ご注文日の翌々日~4日後に出荷

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B5判/ページ数 191p/高さ 26cm
  • 商品コード 9784772411905
  • NDC分類 369.28
  • Cコード C3047

内容説明

「デイケアクリニックほっとステーション」は北海道札幌市にある、地域密着・都市型デイケア。多職種チームが地域と連携しながら生活をサポートする「地域連携・包括型デイケア」と、就労支援、認知行動療法プログラムなど専門治療を実施する「機能分化・専門デイケア」の両輪で、利用者個人のリカバリーのためにオーダーメイドのサービス提供を目指す。今、「デイケア依存批判」にさらされる精神科デイケア。よりよい地域生活のサポートを求めて誕生し、今また精神科デイケアの生き残りをかけた「ほっとステーション」10年間の奇跡。

目次

第1章 ほっとステーションとは?
第2章 デイケアプログラム・活動―プログラムの紹介
第3章 就労・学習支援実践
第4章 医療的介入、訪問看護、生活支援
第5章 厄介なトラブル、触法事例
第6章 スタッフ間の連携・チームワーク―各職種の役割

出版社内容情報

症状への専門治療と生活サポートを掲げる地域密着系・都市型デイケア「ほっとステーション」@札幌のサバイバルを賭けた10年の軌跡!

みんなでつくるみんなのデイケア。

精神科医も、看護師も、精神保健福祉士も、臨床心理士も、事務職員も、ピアスタッフも、ボランティアスタッフも、地域コミュニティ住民も、家族も、そしてもちろん利用者本人も。青空の下と街路の上、ハンドメイドでつくりあげる、未来志向系・希望の都市型デイケア。

…でも課題は山積。
「精神科デイケアってどんなところ?」
「地域で働くためには何から始めればいい?」
「一人暮らしにチャレンジするには?」
「怒りとストレスをコントロールするには?」
「恋愛相談にどう答える?」
「暴力行為にどう対処する?」
「金銭トラブルをどう解決する?」

北海道札幌発の地域密着系・都市型デイケア「ほっとステーション」は,うつ病の復職支援,発達障害支援、認知行動療法プログラムなど専門治療を実施する「機能分化・専門デイケア」と,多職種チームが地域と連携しながら生活全体をサポートする「地域連携・包括型デイケア」の両輪によって,利用者個人のリカバリーのためにオーダーメイドのサポート提供を目指す。かつての精神科病院乱立時代における精神科病棟収容主義,そのアンチテーゼとして誕生しながら,今また「デイケア依存批判」にさらされる精神科デイケア。その希望のサバイバルを賭けた「ほっとステーション」10年の軌跡。

はじめに
第1章