GISと地球表層環境

個数:

GISと地球表層環境

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B5判/ページ数 157p/高さ 26cm
  • 商品コード 9784772240543
  • NDC分類 448.9
  • Cコード C3044

内容説明

自然地理学・自然環境研究に利用されるGIS(地理情報誌システム)を紹介するドイツ地理学会のGIS研究グループの成果。

目次

第1章 階層性理論に基づくGIS分析―空間スケールを考慮した環境モデリングに向けて
第2章 デジタル地形モデルとGISを利用した融雪のモデル化
第3章 降水量データの広域化ツールとしてのGISとメソスケール・モデル
第4章 コンピュータ科学としての三次元GISの確立に向けて
第5章 GISを用いた景観生態学的アセスメントと多基準最適化―ライプチッヒ付近を例に
第6章 GISを用いた中央ケニア地溝帯における侵食速度の推定―高解像度の定量化に向けて
第7章 水文データの作成と処理におけるGISの可能性と問題点―湖の水質調査を例に
第8章 デジタル標高モデルから得られる地形の属性とオブジェクト―用語法、手法、将来展望
第9章 GISにおけるラスター・データ―ウェーブレットを用いたデータ圧縮法
用語解説

著者等紹介

小口高[オグチタカシ]
1963年長野県生まれ。東京大学大学院理学系研究科地理学専攻博士課程単位取得。博士(理学)。東京大学理学系研究科助手、アリゾナ大学客員研究員、英国水文学研究所客員研究員を経て、現在、東京大学空間情報科学研究センター助教授。地形学、GIS、第四紀学が専門

小松安希[コマツアキ]
1975年神奈川県生まれ。東京大学大学院新領域創成科学研究科環境学専攻修士課程修了。修士(環境学)。2001年より(株)インフォマティクスに勤務。プロダクトマーケティンググループにて、GISソフトSISのカスタマーサポート、トレーニング、ローカライズなどを担当

小口千明[オグチチアキ]
1969年神奈川県生まれ。筑波大学大学院地球科学研究科博士課程修了。博士(理学)。筑波大学地球科学系助手、日本学術振興会科学技術特別研究員を経て、現在、埼玉大学地圏科学研究センター助教授。地圏材料学、岩石風化論、地形学が専門

佐藤一幸[サトウカズユキ]
1967年富山県生まれ。東京大学大学院総合文化研究科広域科学専攻博士課程単位取得。国土交通省土木研究所環境計画研究室を経て、現在、日本工営(株)コンサルタント海外カンパニー環境技術部に勤務。GISを用いた環境社会影響評価などを担当
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。