脳死・臓器移植と向き合うために―医療者・レシピエント・ドナー家族への聞き取り調査から

個数:
  • ポイントキャンペーン

脳死・臓器移植と向き合うために―医療者・レシピエント・ドナー家族への聞き取り調査から

  • 保岡 啓子【著】
  • 価格 ¥5,170(本体¥4,700)
  • 晃洋書房(2019/02発売)
  • 【ウェブストア】お届け商品全点 ポイント2倍キャンペーン
  • ポイント 94pt
  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2020年05月25日 23時46分現在)
    【重要:納期について】
    緊急事態宣言等の影響により、出荷までに7~8日程度かかる場合がございます。
    誠におそれいりますが、ご了承のうえご注文をお願い申し上げます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 234p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784771031050
  • NDC分類 490.15
  • Cコード C1036

目次

序章 脳死・臓器移植の現状と背景
第1章 生命論について:生命とはなにか?
第2章 脳死・臓器移植のアンビバレンス:移植医療者の語り
第3章 臓器移植の体験:レシピエントの語り
第4章 臓器提供の決断:ドナー家族の語り
第5章 当事者たちの交流の芽生え
第6章 脳死・臓器移植とその当事者たちの生命観
第7章 ドナー家族の追跡調査(2014年~2017年)

著者等紹介

保岡啓子[ヤスオカケイコ]
1996年慶應義塾大学文学部1類(哲学)卒業、2006年北海道大学大学院文学研究科博士後期課程単位取得退学。博士(文学)(北海道大学)、博士(医学)(北里大学)。北海道大学大学院文学研究科専門研究員、北海道大学大学院医学研究科客員研究員を経て、2018年4月より北海道大学大学院保健科学研究院客員研究員。専門領域:医療人類学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。