北一輝と二・二六事件の陰謀 (新装版)

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 323p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784770411242
  • NDC分類 210.7
  • Cコード C0021

内容説明

国家主義運動の指導者として、強い信念と先見性をもって国家改造を志しながら、陸軍首脳の謀議により「二・二六事件」の首魁として処刑された悲劇の男、北一輝―。その壮絶な生涯を辿りながら事件との関わりを明らかにし、昭和史の暗部を解明。

目次

北一輝ゆかりの地を訪う―佐渡の旅
二・二六事件の勃発とその現場
二・二六事件の背景
北一輝の転変
動乱の昭和へ
満州事変の前後
皇道派と統制派の対立
北一輝の悲運
軍法会議という罠

著者等紹介

木村時夫[キムラトキオ]
大正9年(1920)、埼玉県に生まれる。昭和19年、早稲田大学文学部史学科卒業。学徒出陣で入隊、復員後は高校教諭をへて、昭和43年早大社会科学部の教授となる。昭和50年~58年まで社会科学研究所長。現在は名誉教授として、各種の講演や執筆活動に従事している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。