しょうがい者・親・介助者―自立の周辺

個数:
  • ポイントキャンペーン

しょうがい者・親・介助者―自立の周辺

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • サイズ B6判/ページ数 246p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784768434284
  • NDC分類 369.27
  • Cコード C0030

内容説明

介助される側・する側の関係性。障害者の自立に不可欠な介助のあり方をめぐる問題に切り込む。

目次

「障害」をもって一人で暮らす(「障害」者を人間扱いしろと言うなら、自分もまともにぶつからないと;家族といると、諦めることが多い;「死んだら付いてきなさい」と言われたけど)
母の気持ち(「この子のために」は大きな縛りに;「親こそおれの足かせだ」って言われたい)
セット化された女性と「障害」者
介助関係(介助者派遣団体の運営;介助関係の位置付け;押し付け;友だち?;個人契約;同性介助;プライバシー守秘と介助者の苦しみ)

著者等紹介

西浜優子[ニシハマユウコ]
1954年生まれ。ソーシャルワーカー、女性問題を主に扱う新聞の編集・記者などを経て、現在、フリーライター
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。