貴重書デジタルアーカイブの実践技法―HUMIプロジェクトの実例に学ぶ

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 272p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784766417333
  • NDC分類 018.09
  • Cコード C3000

内容説明

文化遺産の新たな継承法。デジタル画像に関する基礎知識から貴重書の撮影手法・画像処理技術まで、多数の図版や資料を用いてわかりやすく解説。

目次

HUMIプロジェクトについて
デジタル画像について
貴重書のデジタル画像とデジタルファクシミリ
デジタル画像の入力機器について
貴重書デジタル画像の入力方式
HUMIプロジェクトの貴重書撮影手法
海外図書館との貴重書デジタル化協同プロジェクト
貴重書デジタル画像の制作手順
HUMIプロジェクトによるデジタル書物学
貴重書デジタルアーカイブと公開
これからを展望して

著者等紹介

樫村雅章[カシムラマサアキ]
1965年神奈川県生まれ。1990年慶應義塾大学大学院理工学研究科電気工学専攻修士課程修了。1997年慶應義塾大学HUMIプロジェクト研究員。その後、2000年慶應義塾大学附属研究所斯道文庫助手、2004年慶應義塾大学デジタルメディア・コンテンツ統合研究機構助教授、2006年慶應義塾新教育組織創造支援室長付の傍ら、HUMIプロジェクトのテクニカル・ディレクター兼マネージャーとして、貴重書撮影手法の開発や、欧米の図書館との数々の貴重書デジタル化協同プロジェクトを推進。グーテンベルク聖書をはじめとする世界的な貴重書のデジタル化に従事してきた(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。