ハルキ文庫<br> ぐうたら人生入門

個数:

ハルキ文庫
ぐうたら人生入門

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2019年10月21日 21時20分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 209p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784758436199
  • NDC分類 914.6
  • Cコード C0195

内容説明

「人生ケチに徹すべし」「正義漢づらをするな」など、辛辣ながらユーモアあふれる人生指南の言葉の数々―これらの箴言を発するのは、芥川賞作家にして、『海と毒薬』『沈黙』など多くの話題作・名作を発表し、昭和を代表する小説家の一人である遠藤周作。海外でも評価の高い重厚なテーマの作品を発表する一方で、自ら「狐狸庵山人」を名乗り、軽妙洒脱な文章が好評を博した氏の大人気エッセイ、待望の復刊。

目次

人生ケチに徹すべし―後悔しながら浪費する人たち
語るに足る“気の弱い奴”―よく、その心情、理解できる人たち
亭主族の哀しみ―この小心で孤独な除け者の存在
“嫌がらせ”のすすめ―この高度な批評精神
正義漢づらをするな―自分だけが正しいとして他を裁く独善主義
自己催眠で社長になった男―空想力も使いよう
女のウソと男のウソ―女は全身全霊でウソをつく
人生の寂寞を感じるとき―駄犬と人間が似ている話
鼻持ちならぬ洋行自慢―駆け足旅行でまわったくせに
人間の運命を変えるもの―ばかにできない生理現象〔ほか〕

著者等紹介

遠藤周作[エンドウシュウサク]
1923~96年。東京生まれ。慶應義塾大学仏文科卒業。学生時代から『三田文学』にエッセイや評論を発表。55年「白い人」で芥川賞、66年『沈黙』で谷崎潤一郎賞など、受賞多数。「ぐうたら」シリーズなどのユーモアあふれるエッセイも好評を博した(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。