ハルキ文庫<br> 望郷の海―侠客銀蔵江戸噺

個数:

ハルキ文庫
望郷の海―侠客銀蔵江戸噺

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2019年05月24日 21時55分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 291p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784758433457
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

故郷の木更津を棄て、江戸にやってきた銀蔵は、博徒一家の使いをしながら日々を暮らしていた。吉原が大火に遭い、足抜けした花魁を探す依頼を受けた銀蔵だったが、その行方は全くつかめないでいた。やくざ者に身を寄せる自分に不甲斐なさを感じる銀蔵は、忠蔵一家の金三郎に足を洗いたいと告げる。だが、金三郎の出した条件は、銀蔵にとって更に過酷なものだった―。大火に乗じ、阿漕を働く材木問屋の殺害を依頼された銀蔵の命運はいかに!?大好評書き下ろし時代長篇。

著者等紹介

稲葉稔[イナバミノル]
1955年熊本県生まれ。脚本家として活躍の後、94年に作家デビュー。冒険小説、ハードボイルドを発表し、近年は時代小説を執筆(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。